ジョルジュ・スーラ『オンフルールの「マリア号」』

 
seurat-05

オンフルールの「マリア号」  (seurat-05)

定価(税別)
¥36,800
販売価格(税別)
¥29,800
在庫状態 : 在庫有り

1886年 油彩 カンヴァス 54.5×64.5cm プラハ国立美術館

スーラの、1880年代の中頃に制作された風景画作品。描かれているマリア号は、オンフールにおける港の桟橋に碇泊していた蒸気船。点描画法を用いて描かれていることがわかる。

画家紹介

1859年、パリ北東部の小ブルジョワジー家庭において生を亨ける。父アントワーヌ=クリゾストームは役人であったが、後に財を成した。1870年、普仏戦争により、フォンテーヌブローに疎開。敗戦による占領、パリ・コミューンの樹立、それに対する政府の鎮圧などの一連の社会的な混乱が、幼少時の画家に強い印象を与えた。そして、後に、画家を秩序と調和の追求へと向かわせたと云われる。16歳になると、近所の市立彫刻・デッサン学校に入学。巨匠作品に基づく版画を模写するなどして、デッサン技術を学んだ。とりわけ、アングルの作品に惹かれ、生涯にわたり彼の作品から学び続ける。校長ジュスタン・ルキアンは、色調で全体の形態を捉え、これを光と影で立体的に表現することを奨励していたが、画家は後にこの手法を発展させ、独自の美しい様式(点描画法)を生み出すこととなる。また、学校においてアマン=エドモン=ジャンと出会い、親交を深める。1878年、アマン=ジャンと二人揃ってパリの国立美術学校に入学。アンリ・レーマンからデッサン・模写などの教育を受けるが、特別な成果を上げることなく、一年余り在籍した後に兵役に招集。兵役は一年間であったが、その後も学校には戻らず、アマン=ジャンとパリで共同のアトリエを借りた。

アトリエを開くにあたり、画家は、尊敬するアングルの金言「デッサンがすべてである。芸術の全体がそこにある」に従い、絵画を描き始める前にデッサン力を身に付けることを誓う。1881から翌年にかけ、画家は、アングル、シャルル・ブランの著作、ルードの『現代色彩理論』で奨められている手法を身に付けていく。兵役から戻って以降は、都市、郊外、田園における人物や風景を、また、1881年から84年にかけては、子守の女、物売り、洗濯女、靴磨きなど、労働者階級の男女を多く描いた。1883年、サロンに入選。同年、≪アニエールの水浴≫の制作に取りかかる。伝統的な描画技法と点描画法とが部分的に混在した作品であり、翌84年に完成するが、サロンに落選。同年に開催されたアンデパンダン展に出品・展示された。しかし、展覧会の期間中にグループ内で抗争が生じ、新たに独立芸術家協会が発足。画家は委員となり、シニャック、クロス、デュポア=ピエ、アングランらと共に積極的に参加した。なお、この頃に出会ったシニャックと画家は後々まで親交を深めていく。

1884年、代表作≪グランド・ジャット島の日曜日の午後≫の制作に着手。翌年、シニャックがピサロを画家に紹介する。ピサロは新しい技法に心を奪われ、また、彼らを印象派の仲間に加えようと力を尽くした。しかし、この頃すでに印象画家たちはそれぞれの道を歩み始めており、ベルト・モリゾ、メアリー・カサット、ドガゴーギャン、ギヨマン、ピサロのみが画家とシニャックの印象派展への出品を承諾、その一方、モネルノワール、シスレー、カイユボットは不参加の決断をした。1886年、≪グランド・ジャット島の日曜日の午後≫は第8回印象派展に出品されるが、観客はそれぞれの画家を区別することができず、本作品も罵られたり嘲笑を浴びた。しかし、その一方で批評家フェリックス・フェネオンは本作品を雑誌記事において賞賛。その後も点描画法を用いた作品を制作し続けるが、油彩70点弱、油彩下絵約170点、素描約230点を残し、1891年、ジフテリアにより死去。32歳だった。

複製画の注文制作のご案内

名画工房では、複製画(世界の名画)の制作注文をお引き受けしております。各作品につきまして、熟練したスタッフが一枚一枚を手描きで制作する肉筆油絵である一方、お求めやすい価格でご提供させていただいております。

複製画とは?

複製画とは模写作品のことであり、主に経験の浅い画家が、優れた作品を模写することにより自身の絵画技術の向上を目指しました。また、著名画家の同一作品は世界に1点しかない一方、その作品を欲しがる顧客は多く存在するため、その需要を満たす目的で作られてきたという由来があります。

職人制度の枠内において、当初、親方の技術を見習いが修得するための主な手法が模倣(複製画、模写作品)するだったのですが、ある年代以降は、優れた絵画作品を模写することにより純粋に技術の向上を目指す画家と、販売して生活の糧にするために複製画を描く画家に二分化していったといえます。

油絵と複製画

木枠に画布を貼りつけたキャンバスに画家が油で練り合わせた顔料で絵を描くという絵画技法が油絵です。15世紀に画家のファン・アイクがこの技法で高度な芸術表現を実現して以降、西洋における絵画技法の主流となっています。

一方、職人としての画家集団の中で、見習い画家が技術を向上させる主な手法が親方や著名画家の作品の模倣(複製画、模写作品)であったため、複製画にも永い歴史があります。

手書きで制作された複製画の味わい

肉筆複製画には独特の味わいがある
肉筆複製画には独特の味わいがある

画家が手書きで制作した複製画を購入し、壁につり下げて鑑賞して楽しむ文化も、芸術に親しみ、生活に潤いをもたらすための一手法として永い歴史を持っています。

名画工房で注文制作する複製画作品は、提携している画廊に所属する画家が手書き(肉筆)で制作いたします。プリント(印刷)版の複製画作品と違い、長いキャリアを有する画家がハンドメイドで描画する肉筆複製画であり、作品をご確認いただくことにより、手書きならではの独特の質感・味わいをお楽しみいただけると考えております。

なお、画家が一枚一枚手描きで制作する作品である為、画家独自の筆致や表現が目立つ場合があります。(オリジナル作品との)色合い・筆致の微妙な違いにつきましては、あらかじめご了承ください。プリント版にはない、肉筆ならではの独自性をお楽しみいただければ幸いです。

印象派画家の複製画を制作販売

名画工房では、海外の画廊(ギャラリー)と提携し、各印象派画家の複製画作品をお求めやすい価格で制作販売しております。

具体的には、ルノワールドガモネマネピサロゴッホゴーギャンセザンヌスーラクリムトロートレックの各作品を取り扱っておりますが、掲載されていない画家・作品のご注文につきましても、お気軽にお問い合わせください。画家に確認の上、無料でお見積もりさせていただきます。

複製画を飾って生活空間を豊かに

複製画を室内インテリアとして飾り鑑賞する、すなわち、芸術作品を日常生活に取り入れる目的で、多くのご注文をいただいております。また、生活の質を高めるため、生活空間に芸術作品を取り入れることが有効だと考えられています。

各作品のページをご確認いただき、ご自分の興味にあった複製画をお選びいただければ幸いです。

作品の制作料金

  • 各作品の料金につきましては、すべて税抜き、かつ額縁付きの料金表示となります。
  • 作品画像右の販売価格はF8号サイズの場合の制作料金となります。
  • オリジナルおよびハーフ・サイズでの作品制作をご希望の場合はお問い合わせください。
  • 作品の構図等につきましては、ご注文の前にお問い合わせいただくか、ご注文後にご相談させていただきます(FサイズからPサイズ・Mサイズへの調整が可能ですが、その場合、選択できる額縁のバリエーションは少なくなる場合があります)。
  • 額縁につきましては、様々なフレームを取りそろえており(白・黒・茶・金・銀系統ほか)、額付きの場合、裏板、トンボ、吊りひも、額縁側吊り金具、アクリル板(あるいはガラス板)が付属します。
  • (お問い合わせいただきましたら)事前に額の在庫リストをお送りいたします。
  • 掲載している作品の画像はイメージであり、画家が肉筆で制作するため、お届けする作品とは色合いなどに差異が生じる場合があります。
  • お支払いと配送方法につきましては、≪お支払いと配送方法について≫をご確認ください。
  • 制作作品の品質の目安につきましては、≪制作例・額縁≫をご確認ください。
  • 「在庫有り」の表示はシステムによるものであり、ご注文後の制作開始となります。
  • サイトに掲載されていない画家の作品につきましても、お気軽に問い合わせください。
  • オプションを指定してください。
    ご希望の作品制作サイズ
    ご希望の額縁の色系統
    数量
    Pocket